新NISAの始め方はこちら

【楽天証券】新NISAの積立設定予約が11/13スタート!【やり方】

楽天証券での新NISAの積立予約が開始!設定のやり方を期限について解説

2024年から新しいNISA制度が始まって、年間の投資可能額上限が大幅に引き上げられます⤴️

それに伴って楽天証券では2023年11月13日から新NISAの積立設定予約が始まりました🏃‍♂️

月33,333円以上に積立したいという方は、上限を引き上げて設定することが可能になっています。

この投稿では楽天証券の新NISA積立設定予約のやり方、いつまでにやっておくべきかの期限についてまとめてご紹介したいと思います✍️

chobo
chobo

ちょぼです。楽天使って節約→浮いたお金で積立投資の始め方を発信してます

楽天ポイントで投資デビュー【PR】

楽天証券の積立予約サービスとは?

11月13日から楽天証券で新NISA積立設定予約開始
引用: https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20230929-01.html

積立設定予約は何ができる?やるべき?

楽天証券でのつみたてNISAの積立設定は上限が33,333円でした。

クレカ積立やキャッシュ積立は月5万円が上限だったので、つみたてNISA33,333円、特定口座16,667円と設定されていた方も多いはず💡

それが11月13日以降はNISA口座を指定しても月33,333円以上の金額が設定できるようになります。

楽天証券 新NISA予約サービス

楽天証券積立予約サービスリリース時点での設定金額の上限がこちら👇

2023年11月13日時点での設定可能金額
  • 楽天キャッシュ引落…上限5万円
  • 楽天カード引落…上限5万円
  • 証券口座引落…上限10万円?

楽天キャッシュ・カード引落を選ぶと上限が5万円まで設定できます。

同じ銘柄を月10万円積立したい場合は、積立設定を2つ設定することで設定が可能です👇

楽天証券 新NISA積立予約 設定方法1

積立設定予約サービスを使った方がいい人・必要ない人

積立設定予約サービスを使った方がいいのは以下の3つに該当する方です👇

  • 月33,333円以上積立したい人
  • 積立する銘柄を変更したい人
  • NISA口座で国内株・米国株の積立をしたい人

つみたてNISAと同じ銘柄・同じ金額で積立を継続する場合は、何もしなくも新NISAの積立設定に引き継ぎされます👇

11月13日(月)より、2024年1月分の新NISA対応の積立設定の受付を開始いたしました!___楽天証券

積立設定予約サービスはいつまで?

楽天証券の新NISA積立予約サービスは12月28日18時まで利用可能です。

楽天証券 新NISA積立予約サービス いつまで1

ですが、楽天キャッシュ、楽天カードでの積立をしたい場合は、12月12日までです。

楽天証券 新NISA積立予約サービス いつまで2

米国株、国内株の積立は楽天キャッシュ・楽天カード積立には対応していません🙅‍♂️

証券口座での引落は2024年1月の注文から反映されるので、予約をせずとも、1月になって設定しても損はないと思います💡

楽天キャッシュ、楽天カードの投信積立で最大限ポイントを獲得したい方は12月12日までに積立予約サービスの設定を完了しておきましょう🙋‍♂️

今から楽天証券でNISAを始める方はこちらから👇

楽天ポイントで投資デビュー【PR】

新NISA積立設定予約のやり方

では実際に積立設定予約サービスでの設定のやり方をご紹介していきます💁‍♂️

新NISAの積立設定予約はスマートフォンサイトからのみ可能です📱

スマホのブラウザから楽天証券にログインすると、トップページやメニューのところに「積立予約」のリンクが表示されています👇

楽天証券_新NISA積立設定予約

見つからない方はこちらから👉積立予約はこちら

積立予約のページからスケージュールや約款等を確認し、次へ進みます👇

楽天証券 積立予約サービス 設定やり方2
楽天証券 積立予約サービス 設定やり方3

引落方法登録で楽天キャッシュのオートチャージを設定するよう求められますが、オートチャージより手動チャージの方がお得なので無視してOKです🙆‍♂️

楽天証券 新NISA 積立設定 楽天キャッシュ

楽天キャッシュはオートチャージより手動チャージの方がお得な理由がこちら👇

【2023最新】楽天キャッシュのお得なチャージ方法まとめ!楽天証券の積立投資・楽天ペイの税金払いで高還元 楽天キャッシュのお得なチャージ方法一覧 | 楽天ギフトカード経由でポイント高還元!【2024最新】

楽天カードは登録しておかないと引落設定で選べない可能性があるので登録しておきましょう🙋‍♂️

登録したら次のページへ👇

積立する銘柄を選択する

今まで積立設定した銘柄と積立内容が表示されます。

同じ銘柄を積立する場合はそのまま次へ、別の銘柄を積立する場合は予約する銘柄を追加するをタップします👇

楽天証券_新NISA予約やり方積立設定

同じ銘柄を楽天カードや楽天キャッシュ積立で5万円以上積立したい場合は、同じ銘柄でも追加する必要があります。

積立したい銘柄を選んだら次のページへ👇

口座区分・引落方法を選択する

続いて口座区分と引落方法を選択します。ここが今回の新NISA積立予約設定の肝ですね☝️

口座区分では「NISAつみたて投資枠」と「NISA成長投資枠」が選択できるようになっています👇

楽天証券_積立予約サービス_設定やり方9

ご自身で積立したい枠を選ぶといいと思いますが、基本的には積立投資の場合は「つみたて投資枠」の方から埋めていくことをおすすめします🙋‍♂️

引落方法を選んで、それぞれ引落方法毎に積立金額を指定していきます👇

積立金額を入力する

楽天カード・楽天キャッシュの積立金額上限は5万円までです。

楽天証券_積立予約サービス_設定やり方10

選択したファンドの数だけまとめて、口座区分→引落方法→積立金額までまとめて設定できます🙆‍♂️

設定が終わったら次へをタップ👇

毎月の積立予約金額をチェックする

設定した積立内容の一覧が表示されます👇

楽天証券_積立予約サービス_設定やり方11

しっかり選んだ方のNISA口座、金額で積立できているかチェックしましょう☝️

下の方にスクロールすると👇

初回購入日を確認し、積立予約する

初回購入日が1月4日になっているのが確認できると思います👇

楽天証券_積立予約サービス_設定やり方13

楽天カードの積立日が8日の方は日付が違うかもしれませんが、2024年の1月になっていたらOKです

これで2024年の新NISA分の積立設定ができているので、取引暗証番号を入力し、積立予約を完了させてましょう👍

楽天証券 積立予約サービス 設定やり方14
楽天証券 積立予約サービス 設定やり方15

お疲れ様でした🙋‍♂️

以上で楽天証券の新NISA積立設定予約は完了です🙌

2023年分のつみたてNISAも設定できる?

2024年の積立設定予約ができるのはわかったけど、出来れば2023年のつみたてNISAの40万円も満額投資したいという方もいらっしゃるはず。

楽天カードや楽天キャッシュでの積立設定は間に合いませんが、証券口座引落でなら設定可能です🙆‍♂️

2023年分のつみたてNISAも設定できる?
2023年分のつみたてNISAも設定できる?2

証券口座払いは積立指定日を翌営業日以降に設定できるので、11月中に完了することも出来ます。

2023年のつみたてNISAの買付できる期限は12月20日頃までが目安です。

詳しくは過去に解説したこちらの投稿をご参考ください👇

【楽天証券】つみたてNISAを年末に駆け込みで満額投資したい!増額設定のやり方 【楽天証券】つみたてNISAを年の途中から満額投資する設定【やり方】

以上で、楽天証券の新NISA積立設定予約サービスの設定やり方と期限についての解説は終わりたいと思います🙋‍♂️

僕は楽天証券にNISA口座を持っていないので、不十分だったり間違っていることもあるかもしれません。

不明点やご指摘はInstagramの投稿にコメント頂けると、すぐにご返信させて頂きます👍

楽天ポイントで投資デビュー【PR】